売れるホームページとは

欲しいと思っている人に見てもらえるホームページ

とても単純な話ですが、ボールペンが欲しいと思っている人にボールペンを持っていけば高確率で買ってもらえます。
それと同じように興味関心のあるユーザーにホームページを見せることで、高い確率で問い合わせをしてもらうことが可能です。では、どのようにすれば購入意欲のあるユーザーにホームページを見せることが出来るのでしょうか?それにはいくつかの方法があります。
主な方法としては「SNSの活用」「WEB広告の活用」「検索エンジンでの表示」「アフィリエイト広告」などがあります。
それらを上手く活用することで、圧倒的な露出の機会が手に入り、他社より先に自身の商品を売り込むことができるのです。他社よりも1歩先に顧客に営業を出来るというのは非常に大きなメリットになります。常に他社よりも先にチャンスを得られるということはそれだけ販売の機会も高いということになります。
このことから、売れるホームページというのは、どこよりも先に見込み客にアプローチが出来ているホームページということになります。
結局のところ、同業者との競争という面ではWEBも現実世界もそこは同じかもしれません。しかし、現実世界と違い、今すぐにどこよりも早く見込み客に到達できる戦術がWEBの世界にはあります。
その戦術を使い、同業者に勝利し続けているホームページが売上を上げ続けることが出来るのです。
まずは戦術を手に入れることがとても重要ということです。「SNSをどうやって使う?」「ホームページをどうやって使う?」「WEB広告はどうやって使う?」など使い方が重要は道具を100%の能力を発揮できる使い方がしっかりと出来ていますか?
もしも不安があるようでしたら、一度使い方があっているのか、確認してみることもお勧めします。
売れるホームページを構築するためには、戦術が重要なのです。

ホームページ制作単体では集客は実現しない

ホームページ制作はとても重要なスタートラインです。しかしホームページを作ったからといって、すぐに集客が出来るわけではありません。作ったホームページという道具を使って、どうやって集客をするのか、そこまでの戦略が非常に重要なのです。集客をしたいという目的を達成するためにホームページを育てる必要があります。
そのために必要なのがWEB広告であったり、SNSであったり、SEO対策などの集客方法です。業種にあった集客方法でホームページに集客することで、顧客がホームページの情報をもとに商品の魅力を知り、購入にいたるのです。
そこに闇雲な方法などをとりいれたところで、顧客には何も伝わらず、無駄な費用を投資して終わってしまいます。
ホームページは単体で考えずに、ホームページと集客戦略の二つをセットで考えることで確実な集客と売上アップが約束されるのです。ですので、売れるホームページを作りたいと考える場合はホームページ制作+戦略のご依頼をお勧めしております。

ホームページはデザインよりも見やすさ

最近のホームページは様々な思考を凝らした派手でデザイン性の高いホームページが多い気がします。それは大手企業やブランドの確立された企業にはとても有効的なホームページだと思います。しかし中小企業や個人の場合は、まずはデザインよりもユーザーが迷わずに目的の情報にたどり着けるシンプルさと有益な情報がしっかりと読み取れる情報の密度が一番重要になります。
派手な演出やデザインよりも、文章やわかりやすいイメージ写真のほうが成約率に直結します。
売れるホームページは無駄なデザインのない、より優れた情報がつまったホームページだということです。
お客様のメリットをよりわかりやすく伝え、お客様が自社の商品を購入した際にどんな未来が待っているのか、そのことをより具体的に伝えることで、お客様は商品購入のアクションを起こします。
そこにデザインがお洒落なホームページだから等の理由はありません。いくらホームページが最新の技術で作られていたとしても、お客様に商品の魅力が伝わらなければ意味がないのです。
つまり、売れるホームページを作りたいとお考えでしたら、デザインよりも内容に重点をおいてみてください。

PAGE TOP